ジスロマックと従来の治療法の比較

細菌に対する感染症の治療においては特別に重症となっている場合や有効な抗生物質がない場合を覗いては内服できる抗生物質による治療が行われています。多くの抗生物質は血液中における半減期があまり長くはないことから、1日に3回の服用を行うことで十分な血液中の濃度を確保することが必要になります。そして、継続的に飲み続けることによって感染症の治療を行っていくのが基本として行われてきました。こういった従来の治療法において難しいのは抗生物質をやめるタイミングです。症状がおさまったから抗生物質を飲むのをやめてしまうというのにはリスクがあるからです。そのリスクの一つが再発であり、症状がおさまってもまだ存在している細菌が増殖して症状が出てきてしまう可能性があります。もう一つのリスクが耐性菌の蔓延であり、生き残っている細菌がその抗生物質に対して耐性を獲得してしまっていて、それが他の人に感染をお越してしまうというリスクがあります。そういったリスクがあるために、治ったと思ってからもしばらくは服用を続けるということが必要とされていたのが従来の治療法です。
これに対してジスロマックは持続性の作用がある抗生物質であり、投与方法にもリスク回避の方法にも違いがあります。投与方法として基本となるのが1日1回の服用を3日間だけ行うというものであり、これだけでおよそ2週間は有効な抗生物質の濃度を確保することができます。そして、多くの場合には最初の数日で症状がおさまり、14日の間に完治してしまっているため、継続的に飲み続けて再発や耐性菌出現のリスクを考える必要がありません。そういった特徴があるのがジスロマックによる細菌感染症の治療法です。

■ジスロマックは従来の治療法の手間を大幅に削減しました
ジスロマックの通販
■ジスロマックで治療可能なクラミジアも早期発見が重要です
クラミジア 検査
■ジスロマックでクラミジア、ゾビラックスでヘルペスの治療が代表的です
ゾビラックス
■トリコモナス症にはフラジールが効果的です
フラジール